歯科医は正しい歯磨き方法をご教授してもらうだけでも通うべき場所

注意するべき

矯正歯科治療で注意すべき点

歯並びは自分が思っている以上に顔の中で目立つ個所なのです。歯並びが悪いとそれだけで不潔や下品といったイメージがつきまとい社会生活上で非常にデメリットを被ることになるのです。歯並びに少しでもコンプレックスがあったり、自信がなく歯を見せて笑顔になる事ができないのであれば早期に矯正歯科治療を受けた方がよいのです。矯正歯科治療では歯の表面にワイヤーやブラケットを装着しなければいけないので、どうしても今まで通りの歯磨きが徹底できなくなるのです。そのことで虫歯リスクが格段に上がってしまうので注意が必要なのです。今までの歯磨き以外に歯間ブラシやフロスを多用して食べかすやプラーク除去を徹底させたり、マウスウォッシュを毎回取り入れるなど注意することが大事です。

どうしても体質的に虫歯が出来やすく、歯磨きを今まで通り徹底させたければ矯正歯科治療の方法を抜本的に見直すことも大事です。現代は歯の表面に装置を装着する治療法の他、自分で着脱可能なマウスピースを用いて歯に微弱な圧力をかけて歯を動かす画期的な治療法が存在するのです。その治療法とはインビザライン矯正治療と言ううのです。この矯正歯科治療は自分でマウスピースの着脱が可能なために歯磨きを今まで通り徹底させることができるのです。そのため虫歯が出来やすい人にこのインビザライン矯正治療は非常に最適な治療法なのです。ただ注意しなければいけないのが食事が終わった後、歯磨きが終わった後にマウスピースを装着し忘れることです。装着し忘れるとそれだけ治療期間がのびてしまうので注意しなければいけません。

↑ PAGE TOP